二輪免許・一発試験体験談

一発合格実体験

この日の受検者は大型二輪13人、普通二輪5人、小型二輪3人。もう慣れたが今回の試験官は前回の試験官より更に横柄な態度だった、こんな奴等がいったいこの試験場に何人居るのだろうか。

普通二輪

この日の受検者は大型二輪13人、普通二輪5人、小型二輪3人。もう慣れたが今回の試験官は前回の試験官より更に横柄な態度だった、こんな奴等がいったいこの試験場に何人居るのだろうか。

乗車

普通二輪の試験には『事前審査』が無い事をこの日初めて知った。

セオリー通り乗車(フロントブレーキをかける→後方確認→サイドスタンドを外す→乗車する→ミラーの調整→イグニッションON→ニュートラルを確認→クラッチを握る→スタートボタンを押しエンジン始動→ギアーを1速に入れる→右合図を出す→後方確認)し、発進!

発進 - 外周

試験前に試験車両で外周を1周出来る事も初めて知った。
外周を周る間、出来るだけ試験車両の癖(アクセル・ブレーキ・クラッチのレスポンス)を把握する。加速・急制動を2度程試した。

※乗車→外周の間、試験官は前受検者に対し試験の評価を行っているので、殆ど見ていない。

発進地点 ― 1本橋

外周を周りスタート地点に戻ってくる、ギヤーをニュートラルに入れ試験官の合図を待つ。「OOさん準備良いですか?」いよいよ試験の開始である。やはり一番緊張する瞬間である。
誰もが見落としがちな第一関門「発進地点からコースに入る停止線」である。コースに出る為右折するのだから当然右ウインカーを出すのだが、殆どの受験者が停止線の左によせて停止している。本来なら停止線の右端に寄せ、少し手前で一時停止するのだが・・・。
ここで減点されているかどうかはわからないがこれは明らかに間違いである。受検者の中には停止線を踏んでしまったり、ウインカーを出さない者もいた。当然減点である。

1本橋 イメージ
4回目の練習の時、某教習所の教官が言っていた 「スタート地点から一本橋に行く間が勝負」を念頭にとりあえずメリハリを意識し、コースに出たらまず加速である。
1本橋に関してはあまりコメントは出来ない、落ちるときは落ちる。しかし、教科書通り目線を橋の延長線上に向け、ニーグリップに意識を集中した。リアブレーキで通過時間の調整を行えば7秒(大型10秒)なんて結構余裕である・・・・。指定時間以内だと1秒に付き5点減点。

スラローム

市販の教習本等にはアクセルワークや車体の切り替えし云々が重要視されているが、初めて乗るバイクでスラロームをスムーズに通過できるわけが無い!
アクセルワークや車体の切り替えしがヘタでも減点はされない(タブン)ので、見た目を気にせずとにかくパイロンに接触しない(接触は20点減点・倒すと試験中止!)事と通過時間(普通8秒・大型7秒、1秒オーバーに付き5点減点)だけを気にしながら通過した。これで良いと思う。

踏切 - クランク

スラロームを抜けたあと外周に出て踏切に向かう。出来るだけ加速をしカーブの手前ではブレーキなしでカーブを通過出来る位まで速度を落とす。カーブの最中にブレーキを使うと減点される。

踏切 クランク イメージ

踏切を通過した後外周を周りりクランクに向かう。カーブ手前で減速をする時ポンピングブレーキを使うのだが、踏切から1つ目のカーブまでは距離が短く途中に障害物があるためポンピングブレーキを使おうとすると適切な速度でカーブに入る事が出来ないのであえてポンピングブレーキは使わなかった。カーブの速度が速すぎると5点~20点の減点。
クランクは速度を充分に落としパイロンの接触だけ気をつけて通過した。パイロン接触は20点減点、パイロンを倒すと試験中止。一回だけなら足を付いても減点されない。

坂道 - S字

クランクをぬけ坂道を通過してS字に入る、S字は『アクセルワークを使いリズミカルに走る事が要求される』らしいが、そんな器用なマネできないので特に何も意識せず普通に通過した。しかし、S字を出るときの左折は小回りするように心がけた、私にとってここが一番気を使った所である。速度を落としすぎるとエンストして立ちゴケしそうになる。

外周 - 短制動

コース真中の直線を抜け外周に入り短制動に入る、400ccのバイクでも制動開始のパイロンまでは余裕で50km/hは出るのでメータを見て早めに45km/h程度で速度キープ、ブレーキ開始のパイロンのかなり手前からエンジンブレーキを使いパイロンの通過と同時にブレーキを掛ければかなり余裕で止まれる。なぜかここでやり直しをさせられる受験者が多かったが、皆2度目の短制動で試験中止だった。やり直し1回で10点減点。

坂道発進 - ゴール

短制動を終え最終関門坂道発進だが、ここでミスをする者はまず居ないと思う。後は発着点に戻りこれで試験終了!と、思ったらここで大失敗を犯してしまった。発着点の停車位置は発進と同じ位置に停車しなければならなかったらしい。市販の教習本等には停止用ポール(パイロン)は出発用の手前にあると書かれていたので、素直な私は出発点より10m程手前のポールに停車したのであった。ギアーをニュートラルに入れエンジンを切った途端試験官が「どこ止めてんだよ!」喧嘩を吹っかけるような勢いで怒鳴ってきた。とりあえずバイクを押して出発位置に移動した。
試験評価では無愛想な試験官が聞こえないような小声で「どこで練習したんだ」と聞くので私は「関係ないだろ!」と、言いたかったが「ここでしました」と素直に答えた。「何回目」と聞いてきたので「初めてです」と答えると「そんなこと分かってる!何回練習したのか聞いてんだよ」と怒鳴りだした、これで試験が不合格ならキレるとこだか、まだ結果を聞いてないので、ここも素直に「4回です」と答えた、すると無愛想だった試験官は「フーン、合格、これだったら大型でも行けるぞ」と来たもんだ。無礼な試験官に対する怒りはスッと消えて無くなった。

大型二輪

この日の受検者は大型二輪13人、普通二輪5人、小型二輪3人。もう慣れたが今回の試験官は前回の試験官より更に横柄な態度だった、こんな奴等がいったいこの試験場に何人居るのだろうか。
今回の試験車両はスズキGSF750、教習車専用設計モデルらしいがクラッチミートがピーキーで凄く乗りづらかった。今回の合格者は大型・普通・小型を含め私1人だけだった。これは大いに自慢の種になるのだが、証明のしようがないのがいささか残念である。

事前審査

大型二輪の試験前には事前審査が行われる。審査は引き起こしと8の字に押し回しが出来るかを見る。以前はセンタースタンドがけがあったらしいが現在は除外されている。

まず最初に8の字に押し回しを行った(※図1)が、押し回しが終わって停車位置にバイクを戻した途端試験官が 「何やってんだよ!もう帰れ!」 と怒鳴りだした。何を間違えたのかわからないが試験官の罵声で完璧頭にに来た私は無言でその場を去ろうと支度していたら、突然試験官が「見ていろ!」と、言って自分でバイクの押し回しを始めた(※図2)、「なぜこう出来ないんだ」と言い出した。確かに私が押し回した位置ではバイクを停車位置に戻すには一度バックさせなければならないのだが、事前審査の趣旨を考えたら何の問題も無いはずである、それならばなぜ、はじめから順路を説明しないのだろうか。
こんな理不尽がまかり通るこの国の公安委員会の体質は大問題である。文句の1つでも言いたかったのだが、ここはグッと堪えた。
結局やり直しすることもなく審査は通過した。

乗車― 1本橋

乗車-発進-外周-発着地点-
一本橋までは普通二輪と全く同じ。
一本橋は10秒(普通二輪7秒)だが、半クラッチとリアブレーキを使えば余裕で通過出来る。

波状路

普通二輪には無い課題なのだが、半クラッチとアクセルワークで通過するだけなので一本橋と比べると全然簡単である。よっぽど下手か運が悪くない限りコースアウトする心配はない。それよりもなぜ、大型二輪だけこの課題があるのかわからない。

外周 - 短制動

踏切-クランク-坂道-S字-外周-短制動-坂道発進までは普通二輪と全く同じ。
この日最大の難関となったのが短制動である。
私を含め受検者全員(この手前で試験中止になった者を除く)が短制動をやり直しさせられた。原因は様々だが、私の場合は「ブレーキが早すぎる」と、言われた。
私がブレーキをかけ始めたのはブレーキ開始地点(右図の白いパイロン)に差し掛かると同時だったのだが、この日の試験官曰く「ブレーキはブレーキ開始地点を通過してから掛けなければならない」らしい。しかし、“ヤングマシン3月号別冊付録の2輪免許攻略ガイドの37ページ”によると“ブレーキングはバイク1台分手前からでもOK!”とはっきり書いてある(※下図参照)。

これは一体どういう事なのか?普通二輪試験の時はブレーキ開始地点より1メートル位手前でブレーキを開始したが、1回でOKだった。と、言うことはこの日の試験官のエゴなのだろうか、やり直しだけで10点減点なので、受検者にとってはたまったもんじゃない!私の場合は2回目でブレーキ開始地点を通過後にブレーキを掛け短制動はクリアした。
他の受検者は全員2回目の短制動で試験中止を通告されていた。2回目の短制動に入る際の外周を周るときにカーブでブレーキを掛けたり、障害物を越えるときの合図をしなかったり、やり直しを告げられ明らかにパニック状態になっていた。

うちに免許が交付され念願の大型二輪免許が手に入る。

大型二輪免許一発試験を一回で合格した経験をもとに、一発合格のために私が実践した事や試験後

取得時講習

少し前なら技能試験が合格したら免許は即日交付されたのだが最近は取得時講習を受けないと免許証は交付されない。これがかなり厄介なもので技能試験合格後、受付窓口で 『取得時講習対応自動車教習所一覧表』 なる物を渡される、その一覧表に出ている自動車教習所に片っ端から電話して空き状況を確認する。
当然電話なんて貸してくれるわけも無く、携帯電話を使うか少し離れた所に1台だけ設置されている公衆電話を使う、なんとも時代錯誤な予約方法である。
空き状況を確認したら再び窓口にどこの教習所するのかを告げる。その後、指定書番号をもらい再び教習所に電話をして予約を入れる。何の理由があってこんな二度手間をとらすのか全く意味不明である。 しかも、二輪の取得時講習はどこの教習所でも約1ヶ月待ちの状態である。
とりあえず予約を済ませ講習料12,300円(大型12,600円)を払った。

講習内容

大型二輪車講習・普通二輪車講習

 
講習科目 講習時間 講習方法
ケース・スタディ(交差点) 60分 場内コースにおいて、大型自動二輪車又は普通自動二輪車を用いて行う。
交通の状況及び道路環境に応じた運転
危険を予測した運転 60分 運転シミュレーターを用いた模擬体験により行う。
危険予測ディスカッション 60分 運転シミュレーターを用いた模擬体験を踏まえて、ディスカッションにより行う。
180分

応急救護処置講習

応急救護処置講習
講習科目 講習時間 講習方法
応急救護処置の意義 60分 教本、視聴覚教材等の教材を用いて行う。
実施上の留意事項
救急体制の整備
応急救護処置の基礎知識
応急救護処置の基本 120分 指導員の実演により行う。
応急救護処置の実践 模擬人体装置を用いて行う。
まとめ 教本、視聴覚教材等の教材を用いて行う。
180分

<取得時講習>2002.2.21 武蔵境自動車教習所

1月29日に普通二輪免許に合格し、3週間以上経った2月21日ようやく取得時講習日となった。
普通二輪試験に合格し、その日に大型二輪試験の予約をしたのだが、取得時講習が終わるまでダメだと断られた。理由は、取得時講習が終わるまで普通二輪免許が交付されないので、大型二輪の試験に合格したとしても再び取得時講習が必要となる・・・・らしい。
この講習が終わればようやく普通二輪免許が手に入り大型二輪の試験が受けられる。試験と違い講習を受けるだけなので緊張感は皆無である、下調べも何もせず教習所に向かった。
二輪の取得時講習は1クラス3名で行われ、私が受講した武蔵境自動車教習所では午後1クラスしか行われず、1日3名が限度である。おそらく他の教習所も同じ条件なのだと思う。受講予約に1ヶ月近く待たされる理由がわかった。

受け付け

13時開始の10分前に到着し、受け付けを済ませ待つこと10分定刻通りに教官が現れた。さすが民間だけあって対応も丁重である。試験場職員の横柄な態度とは大違いである。
待合室で講習の流れの説明を受ける。講習時間は実技を含め3時間もかかる。1時間程度で終わり、その足で試験場に行こうと思っていた私には大きな誤算であった。しかも、私を含めた受講者3人とも実技講習があるとは知らされておらずヘルメット・グローブの準備はしていなかった。教官によると試験場の怠慢でその旨を伝え無かったのだと言う。とりあえずヘルメットと軍手は教習所で借りることが出来た。

1時間目 実技講習

早速コースに出てバイクに跨る、講習用のバイクはCB400私以外の2名は大型二輪免許なのでCB750だが、講習内容は全く同じである。講習費が300円高いのはバイクの使用料なのだろう。
実技内容は8の字と1本橋がメインでひたすら教官の後ろを3台で付いていくだけのものであった。ここでも教官の対応は非常に良く、気分良く講習を受ける事が出来たのだが、この講習が免許取得に何の意味を持つのか全く理解できない。

2時間目 シミュレーター

シミュレーションを使った講習は取得時講習の必須項目らしい。ゲームセンターにあるようなシミュレーター(HONDA製)で受講者3名が交互にシミュレーションする。何やら高価そうな装置なのだが、実際操縦してみるとゲーセン以下のクオリティーである。(速度を上げると風が出てくるのには驚いた)
おそらく教官もこの機械を使って危険回避のシミュレーションが出来るなんて本気で思ってないだろう。最初は物珍しさからけっこう楽しめたが、20分も過ぎると飽きてくる。

3時間目 ディスカッション

3時間目は危険回避のディスカッションを行う予定だったらしいのだが、シミュレーターに空きがあったらしく2時間目と同じくシミュレーションを行った。既に飽きていたのだが、ディスカッションするより全然ましだった。
自動車の免許を持っている私はこれで取得時講習は終了し、証明書をもらい試験所に提出すれば普通二輪免許が交付されるのだが、自動車免許を持っていない2人はこの後3時間“応急救護処置講習”と言うものを受けなければならない、考えただけでゾッとする。

まとめ

急制動のやり直しをさせられた受検者がパニックになっている様子がリアルに伝わってきた。
やり直しは10点減点だが、やり直しできるという事は、まだ合格ラインを割っていないのだから慎重な行動が必要である。

それにしても多くの受検者が振り落された急制動の採点基準のあいまいさには聊か納得がいかない。それに、理不尽な事前審査や試験官の横柄な態度。こんな状態を放置して良いのだろうか?
おそらく厳しい環境の中で様々な苦労と経験を重ね、どこか屈折してしまったのだろう。

小学生の頃、運動会の行進練習で学校一怖い教員が竹刀を片手に怒号と共に一糸乱れぬ動きを強制し何時間も行進練習させた時の事を思い出した。
その光景はまるで某国の軍隊である。二輪免許の試験官の態度とあの時の竹刀を片手にした教員の姿がだぶって見えた。

タイトルとURLをコピーしました